社会福祉法人 玉医会 たまきな荘 採用サイト

利用者さまやスタッフの利益になること

福祉施設での専門職の役割は、利用者さまの人生に寄り添うリハビリの提供。

高校生の時「オレンジデイズ」というドラマに影響され、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)という仕事の存在を知りました。ドラマのなかで、歩行訓練中のおばあちゃんの笑顔が忘れられなくて。ドラマのなかの出来事とはいえ、この笑顔を見たい、という気持ちが大きくなり、PTをめざすようになりました。

専門学校卒業後は、県外で維持期、急性期の病院に勤務し、リハビリを担当していました。実家がある玉名に帰ることになり、仕事を探しているところに「たまきな荘」の募集にチャレンジ。実は「たまきな荘」には幼少時代から親しみがあり、施設の裏にあるキャンプ場で遊んだ記憶がありました。

福祉施設勤務は初めてでしたが、病院と施設の違いは、訓練というよりも、コミュニケーションの時間という意味合いが大きいこと。利用者様の人間性に注目し、どんな人生を送ってこられたのか、そのバックグラウンドについて考えながら接しています。福祉の現場を経験したことで、私たち専門職が提供するサービスは、人との関わりであることを再認識しました。

いかに安全に配慮しながら、利用者様それぞれの能力を上げるのか。定期回診の際に医師に相談しながら、訓練内容の設定はそれぞれのPT、OTの判断になるので責任は大きいものです。

スタッフ間の連携を強めることが、利用者さまのメリットになる。

入職してからまだ年数が浅いので、自分に求められること、出来ることを日々模索しています。生活期のリハビリなので、介入による変化は緩やかではありますが、専門職としての関わり方によっては利用者様自身だけでなく、ケアスタッフにとっても介護の軽減につながるので、腕の見せ所でもあります。

また、リハビリが介入しない場合でも、ケアスタッフに専門家として助言することもあります。2017年度からリハビリ担当委員会の委員長となり、他職種との情報共有、連携が円滑に行えるように、記録方法や内容を検討中です。
横の連携がいかに利用者様に対して大きなメリットになるのか。今、必要とされているものを見つめ、そのために何ができるのか議論を重ねて、より良い環境づくりに取り組んでいます。

また、玉医会全体で見ると、障害領域、年齢の幅広い事業所があります。リハビリの専門家をめざす学生さんにとって、この環境は学ぶことがとても多い環境でもあります。
専門的な知識や技術はもちろんですが、学生時代に身につけてほしいのは、コミュニケーション力。さまざまなケースに対応できるよう、興味のある分野のボランティア活動に参加するなど、人と関わることを積極的に取り組むことをおすすめします。

私の小さな喜びは…

利用者さまやスタッフの
利益になること

私自身の働きかけによって、利用者様や他職員に、利益になること。
それを実感できた時が、喜びを感じる瞬間です。
どんなに小さくても、リハビリの成果が出た時の達成感はなにごとにも変えられません。